1. ホーム
  2. 債務整理の方法
  3. 自己破産
  4. ≫自己破産するだけでは借金がなくならない!【免責が大切】

自己破産するだけでは借金がなくならない!【免責が大切】

自己破産の注意点
借金整理には『任意整理』、『個人再生』、『特定調停』などのさまざまな方法があります。それらの内容については、これまでの当サイトの記事で詳しく解説してきました。


なお、それら3つの方法はたとえ実行したとしても、借金が無くなるわけではありません。個人再生のように元本が大幅に減るケースがありますが、返済は続ける必要あります。


一方、債務整理の中でも最も有名な方法である『自己破産』は、返済する債務が元本・利子共にゼロになる制度のことです。
自己破産とは【借金整理のメリットとデメリット】


ただし、注意しなくてはいけないのが、自己破産を裁判所へ申し立てるだけでは、借金が無くならないという点です。


「えっ!?自己破産は借金がゼロになる債務整理の方法じゃなかったの?なんだか意味がよく分からないんだけど…」


この点については、少し話が複雑になりますので、以下が詳しく解説をさせて頂きます。自己破産を考えている方は、知っておかないと大変なことになる可能性がありますので、ぜひチェックしてください。

免責が認められて初めて返済する責任がなくなる

裁判所
どうして自己破産をするだけでは借金が無くならないのかを、それでは説明していきましょう。


まず、『破産』というのは、返済しなくてはいけない債務を、どうにもこうにも払えなくなった状態を指します。そして、自己破産というのは、自分が破産状態であることを裁判所へ申立てて、「あなたはたしかに破産者です」と認めてもらうことです。


ここまでをご覧になってお気づきの方もいるかもしれませんが、たとえ破産者だと認められても借金を返済する責任がなくなっているわけではありません。


消費者金融やカードローン会社からすれば、相手が破産者であっても「借りたものは返すのが当然でしょ!」と言い分が出てきて当然です。ただ、そうは言われても、破産状態の方が借金を返済することは不可能ですよね。


そこで、自己破産の申立てをする方には、同時に『免責』を申し立てることが認められています。免責とは、文字通り借金の責任から免れることでです。

手続き
免責を地方裁判所に申立て、それ認めらうことでようやく借金を返済しなくてよくなります。


言い方を変えれば、自己破産をするのは免責を受けるためです。ですから、破産手続き開始の申し立てをする際には、必ず同時に免責の申立てを行うようにしましょう※。

※ 破産手続きの開始から、裁判官による審尋、免責までの流れについては、以下の記事をご覧頂くと分かりやすいです。
参照:自己破産の手続きの流れ【借金がなくなる債務整理の方法】


それを忘れてしまっては、裁判所から破産者と烙印を押させるだけですからね。弁護士に手続きを依頼する場合には、忘れることなんてありませんが、自分一人で破産手続きを行おうと考えている方は要注意と言えます。


なお、破産者となった場合にには、弁護士・税理士・司法書士などの職に就けないという職業の制限を受けますが、免責が認められれば破産者ではなくなるため、あくまでも一時的なことです。

本記事のまとめ

自己破産を申し立てるだけで、債務がゼロになるわけではありません。免責が認められて初めて、返済の責任を免除されます。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.