1. ホーム
  2. 債務整理の方法
  3. 自己破産
  4. ≫自己破産が理由で会社をクビ(解雇)になるってウソ・本当?

自己破産が理由で会社をクビ(解雇)になるってウソ・本当?

自己破産で解雇
会社に勤務している方の中には、「もし、自己破産をすればそれが原因で会社をクビになるんじゃないか…」と心配されてる人も少なくありません。


自己破産での借金の免責は、経済的に再出発するために国から認められている制度です。にも関わらず、自己破産が原因で解雇されて収入なくなっては、再出発が難しくなりますからね。


では、実際のところはどうなのでしょうか?自己破産を理由でクビにされることはあるのでしょうか?

自己破産は直接的な解雇理由にはならない

弁護士
結論から先にお伝えすると、自己破産が直接的な原因となり会社を解雇されることはありません。そもそも、あなたが自己破産したことについて、裁判所から会社には連絡がいきません。


ですから、上司や人事課もあなたが借金で苦しんでいたことすら、知らないという可能性が高いです。知らなければ、解雇理由にもなりませんよね。


なお、次の記事で紹介したようにあなたが自己破産したことは官報には掲載されますが、民間の人で官報を定期購読している人なんて、いないでしょうからそこからバレる心配も無いでしょう。
自己破産したら会社にばれる?【借金整理の正しい知識】


ただし、直接的な解雇の理由にならなくても、借金のせいで業務に支障をきたす場合にはクビになる可能性はあります。


たとえば、借金のことばかり考えて仕事に身が入らなかったり、自己破産の手続きのために会社を無断欠勤したりなどです。

さぼり
そのように会社側に迷惑をかける行為は、借金うんぬんに関係なしに解雇の可能性があるので、注意するようにしてください。


また、あなたが会社から借金をしている場合には、自己破産することで債権者である会社には、その事実が伝わりますし、借りているお金の分は損害を与えることになります。


そのように会社に金銭的損害を与えた場合には、解雇対象となるケースもあります。ですから、会社からお金を借りていて自己破産を考えている方は、念のために勤務先の就業規則を確認するようにしましょう。


ちなみに、自己破産をすることで消費者金融が会社に取り立てに来ることを心配される方がいるようですが、取り立行為であなたの勤務先や同僚に迷惑をかけることは、貸金業法21条に違反する行為です。


もし、取り立てにきた場合には、「違法行為だからすぐに帰ってください!」ときぜんと伝えましょう。もちろん、そのことに対して業者を告訴することも可能です。


以上、基本的には自己破産が原因でクビになることはありません。

本記事のまとめ

自己破産や借金が原因で会社をクビになることは原則無いです。ただし、自己破産したことが原因で業務がおろそかになれば、それが原因で解雇されることは考えられます。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.