1. ホーム
  2. 債務整理の方法
  3. 自己破産
  4. ≫自己破産したら家族に影響があるの?取り立てはどうなる?

自己破産したら家族に影響があるの?取り立てはどうなる?

家族
借金返済がいきづまり、返すあてが無くなってしまったときに取ることができる最終手段が『自己破産』です。


地方裁判所へ事故破産を申し立てて、免責を受けることができれば、借金を返済する義務が無くなりますからね。そのため、今借金で苦しんでる人の中には、自己破産を考えている人は多いです。


ただ、自己破産をする上で不安になるのが、『自分が破産申請をすることで、家族に迷惑が及ばないのか?』ということではないでしょうか?


消費者金融やクレジット会社からの厳しい取り立てや、返済督促が家族に向かうのは心苦しいことなので、心配をするのは当然のことです。


この点についてですが、あなたが自己破産をすることで、家族に何かの影響が及ぶことは無いです。

弁護士
たとえ破産手続きをしても、そのことが戸籍や住民票に記載されることはありません。また、家族が就職・進学・結婚をする場合にも、自己破産したことがばれる心配は無いでしょう。


それに、家族への取り立て行為についても、支払い義務が無い人間への返済請求は、金融庁から禁止されています。ですから、取り立てが行われることも普通はありません。


もし、あなたの家族に対して取り立てが行われるようであれば、すぐに弁護士に相談してください。『サンク総合法律事務所』や『岡田法律事務所』であれば、借金に関する悩みについて全国無料で相談にのってくれますので。

家族が保証人になっている場合には影響はさけられない

保証人
ただし、注意をしなくてはいけないのが家族が保証人になっている場合です。


商工ローンでお金を借りる場合、連帯保証人を付けることになりますが、もし家族ににそれをお願いしているのなら、影響はさけられません。


というのは、自己破産をした場合には保証人対して支払義務が生じるからです。消費者金融もバカではありませんので、あなたが破産したことが分かれば、すぐに保証人で家族へ取り立て行為を行います。


ですから、もし家族に保証人をお願いしているのなら、自己破産の手続き前にこれまでの経緯と現状を伝えるようにしましょう。それが、あなたを信頼して保証人になってくれたご家族への義務です。


なお、保証人に迷惑が掛かるから、自殺や夜逃げを考えることは絶対にいけません。次の記事でもお伝えしたように、自己破産が国が認めている再出発の制度です。
自己破産の免責は法的に認められたやり直しの制度


そのため、元金・利子ともに返済ができないどうしようもない状態になっているのなら、すみやかに破産手続きに取り掛かるべきです。


くれぐれも、自殺を選ぶような馬鹿な真似は取らないようにしてください。そんなことをしても何の解決にもなりませんからね。

本記事のまとめ

あなたが自己破産を申し立てても、家族にまで迷惑が及ぶことはありません。
ただし、保証人をお願いしているなら、支払い義務がその方へ移りますので影響はあります。もし、保証人をお願いしているなら、自己破産の申請前に事情をきちんと話すようにしましょう。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.