1. ホーム
  2. 債務整理の方法
  3. 自己破産
  4. ≫自己破産すると借金や銀行取引ができなくなるって本当?

自己破産すると借金や銀行取引ができなくなるって本当?

銀行窓口
今まで消費者金融や銀行から借りたお金の返済をしなくて済む「自己破産」。返済に悩む債務者にとっては、メリットの大きい再出発のための制度です。


ただ、そのように借金が一切棒引きになるという良いことがある反面。デメリットと言える部分も存在しています。例えばその1つが、裁判所から免責を受けるまでは就くことができる職業に制限を受けるなどです。


具体的に言うと、税理士・弁護士・司法書士などの仕事を、破産者でいる間はすることができません※。

※ その他の就くことができない職種については、次の記事でまとめて紹介しています。気になる方は、ぜひチェックしてください。
参考:自己破産したら就くことができない職業【資格制限の話】


また、デメリットとしてよく言われているのが、借金や銀行取引ができなくなるという点です。


ですが、それは本当のことなのでしょうか?実は正確に言うとその情報は正しくありません。では何が間違っているのかについてですが、それは以下で詳しく解説します。

借金は5年~7年間できなくなるが、銀行取引は可能です!

弁護士
まず、借金についてですが、自己破産をすると以下に記載するような信用情報機関に登録されます。
  • 株式会社シー・アイ・シー
  • 全国信用情報センター連合会
  • 全国銀行個人信用情報センター
  • 株式会社シーシービー

そして、登録をされている間は消費者金融や銀行から借金をすることが不可能になります。また、クレジットカードも作ることができません。いわゆるブラックリストと呼ばれるものですね。

ブラックリスト
ただ、登録されるのは5年~7年程度ですので、その期間をすぎれば再び借金をすることが可能です。


なお、借金をできないことはデメリットと捉えられがちですが、考えた方によってはメリットと捉えることもできます。そもそも、自己破産をする方の多くは借金・浪費癖のある方が多いです。


そして、そのような方の多くは「少しくらいなら大丈夫だろう」という意識で借金をしがちになります。しかし、それは多重債務への第一歩になりかねません。


そのためしばらくの間、借金をできないということは、再び破産者になりたくない方にとっては利点ともいえる訳です。


続いて、銀行取引が出来なくなるという点になりますが、この情報に関してはウソです。たとえ破産者と言っても、銀行口座を持つことはできます。

通帳
そもそも公共料金の支払いや、給料の振込には銀行口座が必須となる場合が多いです。再出発をするために自己破産をしたのに、それがネックになって給料を得るための銀行口座を持てない持てないとなっては本末転倒になりますからね。


たとえ、破産者であっても銀行口座を持つことはできますので、その点はご安心ください。

本記事のまとめ

自己破産をすれば5年~7年間は信用情報機関に登録されるため、その間は金融機関から借金をすることはできません。
なお、たとえ自己破産をしても銀行口座を持つことは可能です。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.