1. ホーム
  2. 債務整理の方法
  3. 自己破産
  4. ≫自己破産後の心構えが経済的な再出発するためには大切

自己破産後の心構えが経済的な再出発するためには大切

再出発
債務整理の自己破産に対して、悪い印象を持つ方は非常にたくさんいます。これは、おそらく「破産者」という言葉が持つイメージがあまり良くないためです。


自己破産を裁判所へ申立てて、手続きをする上で自分が破産者になることは避けられません。借金を免責してもらうためには、誰もが通らなくてはいけない道です。


そして、「破産者」になりたくない理由で自己破産は選ばずに、個人再生や任意整理で借金問題をどうにしようと考える人もいます。


しかし、自己破産が債務整理をするために最適な方法であれば、それを選択するべきです。それに個人再生や任意整理・特定調停のような方法では、借金がチャラになる訳ではありません。


ですので、返済する充てが無いのなら、結局は自己破産を選ばざるを得なくなります。


そのような周り道をして、苦しい想いをする期間が長くなるくらいなら、初めから自己破産を選び少しでも早く経済的な再出発を目指すようにしてください。


また、自己破産で免責を受けたからと言って、心を緩めてはいけません。本当の意味で立ち直るためには、その後にどのような心構えで過ごすかが重要になってきます。

免責後は借金はできませんが、闇金業者からの甘い誘惑は来ます!

悪徳業者
自己破産で免責を受けると、官報にあなたの名前が載ります。そして、その頃から闇金業者から「お金に困っていませんか?」、「無担保で即日融資します!」などの文句が書かれたダイレクトメールや電話が届く場合があります。


次の記事で紹介したように、自己破産後は信用情報機関にその情報が登録されるため(ブラックリスト)、5~7年間は金融機関からお金を借りることができません。
自己破産すると借金や銀行取引ができなくなるって本当?


しかし、闇金はそんな弱い状況にこそ付け入っていきます。いくら免責を受けて借金が無くなっているからと言って、闇金からの誘惑に負けてお金を借りてしまってはいけません。


せっかく免責を受けて経済再出発のチャンスをもらったのですから、二度と多重債務で苦しむことの無いように、そんな甘い誘惑には耳を貸さず、断る勇気を持ってくださいね。

断る
それに、一度免責を受けると7年間は免責を受けることはできません。つまり、今度あなたが借金で困っても、国が免責で助けてくれることは出来なくなります。


「喉元で過ぎれば熱さ忘れる」では、また借金漬けの生活に逆戻りです。督促電話や督促状、自転車操業での返済に二度と苦しむ生活には戻りたくないですよね?


ですから、免責後はくれぐれも甘い誘惑には負けずに、「もう二度と借金なんてするもんか!」という断固たる決意を持って過ごすようにしましょう。

本記事のまとめ

自己破産して免責を受けても、そこで油断しては闇金や悪徳業者の甘い言葉にひっかかってしまいます。
せっかくチャンスをもらったのですから、強い意志を持って二度と借金はしない生活を送ってください。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.