1. ホーム
  2. 債務整理の方法
  3. 過払い金請求
  4. ≫過払い金が発生しやすいケース【覚えてない人もチェック!】

過払い金が発生しやすいケース【覚えてない人もチェック!】

過払い金
法律事務所のテレビコマーシャルを見ていると、「過払い金の請求はお早めに!」なんてフレーズをよく耳にします。


しかし、多くの方は自分のこれまで返済してきた借金について、過払い分があるかどうかなんて分からないというのが本音でしょう。


また、消費者金融に合計でいくら支払ってきたからも分からない・覚えていないという方もいらっしゃるはずです。ですが、細かい返済額を覚えていないからと言って、過払い金をうやむやにしておくのはもったいないです。


そもそも、過払い金というのは利息制限法という法律で設定されている、上限金利を上回る金額で返済した借金になります。


つまり、業者側が法律違反をして受け取っている金額であり、そんな違法請求されたお金はしっかりと返還してもらうべきです。

注意する弁護士
ただ、先ほども書いたように、自分に過払い金があるのかどうかが分からない場合には、返還請求してくてもできないという場合がほとんどでしょう。


そこで、過払い金があるかどうかの判断の目安をお伝えします。


その目安についてですが、もしあなたが過去に金利18%以上で借金をしていて、その返済を6年以上継続していうる場合には、過払い金がある可能性が高いです。


これは、借金問題に強い司法書士さんから入手した情報のため、簡単にチェックする上ではかなり参考となるかと思います。

条件に当てはまっていたなら、すぐに法律事務所に相談してください!

弁護士
先ほど紹介した、『金利18%以上の借金・6年以上の継続返済』の条件に当てはまっている方は、すぐに借金問題に強い法律事務所や法務事務所に相談されることをおすすめします。


例えば、『サルート法律事務所(旧RESTA)』や『アヴァンス法務事務所』なら、借金問題の経験・ノウハウが豊富ですし、無料相談OK・全国対応可能なため、相談がしやすいです。


なお、どうしてすぐに相談するべきなのか?については、過払い金請求は最終返済日から10年で時効となるからです。


いくら利息制限法を上回る金利で返済していたとしても時効となると、1円もお金は戻ってきません。そうなっては、悔やんでも、悔やみきれませんので、過払い金があるかもしれないと感じたら、すぐに相談をするべきなんですね。


また、今まで合計でいくら返したのか、何回返済したのか細かいことを覚えていなくても、弁護士や司法書士であれば、業者に対して取引履歴の開示を請求できるので、問題はありません。


それに、先ほど紹介した2つの法律・法務事務所であれば無料相談も可能なので、少しでも過払い金の可能性がある方は相談した方が良いでしょう。


それぞれの事務所の特徴や料金については、次の記事で詳しく紹介していますので、興味のある方はそちらをご覧になってみてください。
サルート法律事務所の特徴【債務整理におすすめの弁護士事務所】

アヴァンス法務事務所の特徴【減額報酬0円で任意整理が可能!】

本記事のまとめ

金利18%以上で、6年よりも長い期間返済を続けているなら、過払い金が発生している可能性が高いです。
なお、過払い金はすでに完済していた借金でも、時効前であれば請求することができます。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.