1. ホーム
  2. 債務整理の方法
  3. 過払い金請求
  4. ≫400万円も借金があったのに過払い金請求をしたら110万円も返金された

400万円も借金があったのに過払い金請求をしたら110万円も返金された

豚の貯金箱
債務整理が全て終了した当時、私(男性)は40歳、あるアパレルショップの雇われ店長でした。


まず最初に借金総額ですが記事の題名にもあるように400万円です。内訳はアコム100万、プロミス50万、アイフル50万、ディック100万、レイク50万、トラスト50万の6社で、計400万円。


約10年近くこれだけの借金を背負ってました。当時の年収が320万ほどの人間が返済出来る額では到底ありません。

借金のきっかけは彼女とのハウステンボス旅行

そもそもの借金のきっかけとなったのが、当時の彼女との盆休みの旅行資金です。当時話題になっていたハウステンボスに行くことが決まり、
パンフを見ると結構な額でした。


彼女に良いところを見せようと見栄を張るのに精一杯の私は、友人にその話をしました。すると、「お金が無いなら、サラ金(消費者金融)で借りれば済む話だ」と一言。月々の返済も数千円だし、身分がちゃんとして普通に働いてればすぐに貸してくれると教えてくれたのです。


その話を聞いて、「毎月数千円程度の返済なら、おれおn少ない給料でもなんとかなるだろう」と思い、結局消費者金融から借金をすることにしました。思えば、これが悪夢の始まりです。


ほんの軽い気持ち、その小さな気持ちが足掛け10年近くをかけて、400万円までに膨れ上がってきました。どんどん雪だるま式に増えていったのです。服代、飲み代、旅行費、ギャンブル、風俗など湯水のようにお金を使いました。

利息を返済すると手元には7千円しか残らない生活

月給から家賃、定期代等、借金の利息返済などを差し引くと手元に7~8千円しか残りません。友人と飲みに行くこともなくなりました。昼食も小さな弁当箱に冷凍食品を3個入れただけの昼ゴハン、職場の皆は足りるの?と不思議な顔してました、


吸ってたタバコも辞めざるを得ず、晩御飯はほぼインスタントラーメン、彼女さえ作れません、一番恥ずかしったのは職場の人間との飲み会です。


一応店長とゆう立場上みんなより会計を多めに出す、のが当たり前ですが、そのお金を出すことが出来ない私は飲み会の日には、用事があるからと嘘を言ってまっすぐ帰宅してました。ほんと情けなくて涙が出そうでした。



唯一お金がある時期が年に二回のボーナス期だけ。といっても雀の涙ほどのボーナスじゃ、一括返済にもまわせなかったし、半分ヤケにもなっていた自分がいました。

チラシで初めて過払い金請求という言葉を知る

そんな時、自宅マンションのポストに入っていた、一枚の小さなチラシに目が止まったのです。今の私の様な状況がイラストで書かれており、「過払い金請求」とゆう聞き慣れない言葉が目に付きました。


それから私は漫画喫茶へ行きパソコンで「過払い金請求」について、色々と情報収集しました。もちろんチラシに記載されていた司法書士事務所も検索し過払い請求の意味も私なりに理解したつもりです。


しかしここで不安点が二点ほど浮かび上がりました。果たしてホントに上手くいくのか?過払い金なんか発生するのか?事務所に払う諸々の経費を払えるのか?多額の経費を請求されるんじゃないのか?


不安の方が大きかった私は事務所に連絡を入れ、話をした時に今回担当してくださる司法書士の方を紹介してもらえました。


アシスタントの方は私の詳細書類を見ながら、「自己破産が必要かもしれません」と言われた時は、目の前が正直真っ暗になりました。そんなことしたら親にもバレてしまうし、今まで隠してた借金が全部知られてしまう!もしかしたら職場にも…と。イヤな汗がドッと流れました。


しばらく私の詳細書類に目を通していた先生は、「貴方の場合は借り入れ期間も長期に渡るし過払い請求は結構な額取れると思いますよ」。その言葉を聞いた時は、すごく嬉しかったのを今でも覚えています。

110万円もの大金が戻ってきた

その後約3ヶ月ほどしてから、400万の借金は全てチャラ、尚且つ過払い金が私の手元に約110万円返却されると聞きました。


しかし事務所側に着手金等経費を全て含め約80万ほど請求がありました。とゆう事は私の過払い金の合計は少なくとも200万近くあったことになります。


帰りに現金が110万入った封筒を渡され無くさないように、落とさないように大事に持ち帰ったのは、今となっては良い思い出です。


何はともあれ約10年に渡り苦しんだ借金生活は、この日を以ってピリオドが打たれました。


晴れて普通の人間になれたような喜び、給料日の夜に必ず各社ATMを周り、入れては出し、入れては出しの繰り返し、ため息しか出ない日と訣別出来たこと、給料を好きなように使えるごく普通の嬉しさ、貯金だってこの先出来る希望、ずっと曇っていた自分の空が青空に変わった瞬間でした。


現在借金でお困りの方は一日でも早く弁護士、司法書士に相談する事をおすすめします(無料相談が可能な弁護士は次の記事をご参照ください)。
【参考】債務整理におすすめの法律事務所・弁護士事務所


自分もそうでしたが独りで抱え込んでしまう、周りには恥ずかしくて言えない、という気持ちはあるかと思いますが、今相談しなくては間に合わなくなる可能性もあります。そうなる前に、勇気を出してまずは相談だけでもしてみてください。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.