1. ホーム
  2. 債務整理の方法
  3. 個人再生
  4. ≫住宅ローンの滞納があっても個人再生で家を守ることができる?

住宅ローンの滞納があっても個人再生で家を守ることができる?

住宅ローンの滞納
借金整理の方法の1つである『個人再生』の大きなメリットは、あなたが今住んでいるローン支払い中の持家を守りながら、借金の再生計画を立てられるという点です。


自己破産による再生なら基本的に、資産である持家は売却して、債権者に分配することが求められます。しかし、個人再生であれば、『住宅ローン特則』を利用すれば、その必要はありませんからね。

※ 住宅ローンに関する特則(住宅資金貸付債権の特則)については、次の記事で詳しく解説していますので、そちらをご参考にしてください。
個人再生は持ち家を手放さなくて良い!住宅ローンに関する特則


「でも、ローンの返済にすでに滞納があるんだけど、それでも家は守れるの?」


多額の借金返済をしながら、併せてローンを毎月支払うというのは、収入に余裕がある方でも経済的に苦しいものです。そのため、住宅ローンの返済が滞ってしまう方も少なくありません。


そして、このような状況では家が守れるケースもあれば、守れないケースもあります。


以下でそれぞれのケースについて詳しく解説しますので、すでにローンを滞納している方や、返済が滞りそうだという方はすぐにチェックしてみてください。

滞納をしたら6ヶ月以内に対処しなければ持家は守れない!

女性弁護士
持家が守れるかどうかは、あなたがローンを滞納している期間によります。


もし、6ヶ月より長い期間に渡りローンの支払いを滞納しているなら、『住宅ローン特則』を利用できないため、残念ながら自宅を守ることはできません。


どうして、6ヶ月という期間が設定されているかについてですが、その期間をすぎると、あなたの代わりにローン返済をしている保証会社に債権者が切り替わるからです※。

※ 住宅ローンと保証会社との関係については、次の記事をご覧頂ければよく分かります。
住宅ローンに関する特則を利用するには条件がある!


こうなってしまうと、住宅ローン特則の適用範囲外のため、どうしようもありません。自宅は競売にかけれる可能性が高いでしょう。


一方、保証会社が代位弁済を始めてから6ヶ月以内であれば、債権者の変更はまだ確定していません。そのため、住宅ローン特則は利用して自宅を守ることができるんですね。

家族
ですから、借金の支払いが原因でローン返済が滞っている方は、間に合わなくなる前に、すぐ弁護士さんに相談するようにしてください。


なお、住宅ローンの特則には以下の記事で紹介したように3つの方法がありますので、いずれのやり方を選択するべきかも、併せて弁護士さんに相談するようにしましょう。
【相談無料】住宅ローン特則に関する相談できる弁護士事務所はこちら

本記事のまとめ

住宅ローンの特則を利用するためには、滞納から6ヶ月以内でなくてはなりません。その期間をすぎると、この特則は利用できませんので、滞納期間には注意が必要です。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.