1. ホーム
  2. 債務整理の方法
  3. 任意整理
  4. ≫任意整理での借金返済額はどのくらい?【返済計画の立て方】

任意整理での借金返済額はどのくらい?【返済計画の立て方】

債務整理の計画
任意整理とは借金を返済することを前提とした債務整理方法です。ただし、その返済金額がどのくらいになるかは、法律で決まっている訳ではありません。


借りた金額の内でいくらまでを返済するかは、あなたが依頼する弁護士さんと債権者(サラ金や消費者金融)との交渉内容によって変わってくるんですね。


ただし、交渉をすると言っても無い袖は振れませんから、返せる額にも限度があります。そして、返済額がくらいになるのか、その落としどころ(目安)は存在します。


なお、その返済額の目安については、以下の式から計算することが可能です。

任意整理で返済可能な借金 = 毎月返済できる額 × 36ヶ月(3年)


上式のように、毎月返済できる額の3年分が任意整理で返済する額の目安となります。


この額で債権者が納得しないのであれば、交渉決裂となる可能性が高く、自己破産や個人再生のような別の借金整理の方法を選ぶことになります。

返済計画を立てる上での注意点

返済計画
ちなみに、返済期間について任意整理の場合には3年(36ヶ月)で設定するのが基本です。この3年という数値は、個人再生手続きでの返済計画が原則3年ということから来ています。


『個人再生は3年で返済するものなんだから、任意整理でも同じように返済してくださいよ!』と債権者が言うのも、一利あるのは確かです。


ただし、任意整理は裁判所が介在する制度では無く、あくまでも話し合いで借金問題を解決する方法です。そのため、3年ではなく4年や5年で返済計画を立てるケースもあります。


ですが、3年よりも長い期間で返済するのは例外的な話ですので、基本的には3年で返済するものだととお考えてください。


つまり、毎月の返済できる額が4万円とするなら、その3年分の144万円が任意整理で返済する金額の1つの目安です。

お金
もし、過払い金を差し引いた借金の総額がそれ以下なら、交渉が成功する確率が高いです。また、それより借金が多い場合にも、弁護士の交渉力によっては任意整理が成立する可能性もあります。


そのように弁護士の交渉能力は任意整理の返済額を決める上で、とても重要な要素になります。ですから、弁護士を選ぶ際には、借金問題に強い法律事務所へ依頼するようにしてくださいね。


なお、借金問題に強い法律事務所については、当サイト内でも紹介していますので、それらの情報もご参考になれば幸いです。


それから、毎月の返済額については、収入から生活費とある程度の娯楽費を引いた額になります。ここで大切なのは、娯楽費も考えて返済額を決定することです。


任意整理での借金返済は3年という長い期間に渡り、取り組まなくてはいけません。その間、全く娯楽無しのストイックな生活を送ることは精神的にしんどいですし、心に余裕がなくなれば返済計画も失敗しやすくなります。


ですから、毎月の返済額を決める際には、お酒・タバコ・マンガ・ゲーム・音楽鑑賞などの、少しばかりの娯楽費を踏まえて、返済計画を立てた方が良いでしょう。


実際、弁護士さんの中にも少しくらいの娯楽費を考えて、返済計画を立てるべきだとアドバイスしてくれる方は多いです。
債務整理に強い弁護士事務所はこちらをご参照ください

本記事のまとめ

任意整理の返済計画は、3年プランで立てるのが基本です。
なお、毎月の返済額を決める際には、少しの娯楽費を引いた上で計算するようにしましょう。ストイックすぎる返済プランは長続きせずに、失敗の原因になりますからね。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.