1. ホーム
  2. 任意売却
  3. 任売する前に
  4. ≫任意売却をするかローンを払い続けるかの判断基準

任意売却をするかローンを払い続けるかの判断基準

ローンを支払うか任意売却か
住宅ローンの滞納・延滞をしそうになったときに、多くの方はどうにかして今月の支払いを乗り越えようとします。


親戚に頭を下げてまとまったお金を借りたり、今月分だけを親にお願いして融資してもらったり、中には消費者金融やカードローンで借金をして返済を考える方もいらっしゃるでしょう。


しかし、たとえ今月を乗り越えたとしても、ローンの返済は来月も再来月も、そしてそれ以降も5年、10年と続いていくものです。そのため、目先のことだけを考えて、問題を先送りにしてはいけません。


本当に今後ローンの返済をできるのかどうかを、落ち着いて考えることが重要です。


では、このままローンを支払い続けるのか、それとも自宅を手放すのかは、どのような点を基準にして判断すれば良いのでしょうか?

これから5年間ローンを支払い続けられるかどうかで判断する

砂時計
1つの基準となるのが「これから先の5年間、住宅ローンを支払い続けられるかどうか」という点です。


例えば、リストラで今の仕事をやめなくはいけない状況になった。そして、新しい就職先では、今までの水準でお給料をもらうことが難しい。ような状況になった場合はどうでしょう?


これから先、今までの給料を貰うことができなくなり、返済計画がリストラ前の給料を基準に出しているのなら、このままローンを支払い続けることが難しいのは明らかです。


ですので、このケースの場合には自宅は任意売却で処分して、その売却価格を残債の返済に充てた方が良いでしょう。


競売とは違い、任意売却なら自宅から出るときにも、引越し代をもらえるケースがほとんどですので、無一文で強制退去させられることは考えにくいです※。

※ 任意売却の競売に対するメリットは次の記事で詳しく解説しています。
任意売却のメリット・デメリット


一方、病気の2ヶ月間仕事を休まなくてはなったため、その間は給料は減るが、それ以降は給料が元通りになる。そんな場合でしたら、その2ヶ月さえ乗り越えれば、今まで通りの返済ができるため、特に自宅を処分する必要はありません。


ローンの融資担当者に相談をすれば、リスケジュール(返済計画の変更)にも対応をしてくれるはずですので、今の状況を担当者に正直に話すようにしてください。

交渉
それから、どれだけ返済が苦しくても、自宅に執着する方がいますが、家というのは所詮は物です。そんな物のために、あなたとこれから人生を台無しにされないように、くれぐれも冷静な判断をするようにしましょう。


なお、住宅ローンの滞納・延滞のことで悩んでいるのなら、「お任せ任売ナビ」で相談してみることをおすすめします。
お任せ任売ナビの口コミ【住宅ローン延滞の無料相談】
こちら(↑)であれば、弁護士・司法書士・不動産業者などの住宅ローン問題の専門家が、あなたの悩みに対して無料で相談にのってくれます。

本記事のまとめ

住宅ローンの支払いを続けるか、それとも任意売却で処分するかの判断基準は、今後5年間に渡りローンを払い続けるかどうかです。
もし、それが難しそうな状況なら、任意売却で自宅を処分することを考えましょう。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.