1. ホーム
  2. 任意売却
  3. 任売する前に
  4. ≫任意売却で大切なのはとにかく迅速に行動をすること

任意売却で大切なのはとにかく迅速に行動をすること

任意売却の大切なこと
自宅の住宅ローンを支払うことが難しくなってきたとき、多くの方は家を処分してその売却代金を返済に充てることを考えます。


もちろん、それだけで債務を全額返済できるとは限りません。しかし、売却後に残るのは無担保の借金ですので、自宅を高値で売却できれば、返済の負担は大幅に軽減されるでしょう。


なお、残債のある自宅を処分する方法としては、『任意売却』と『競売』の2つの方法がありますが、おすすめなのは間違いなく任意売却です。

自宅を任意売却する
というのは競売で売却では、持家の最低落札価格が裁判所により決められるため、市場価格よりもはるかに安い値付けがされるからです。そのため、場合によっては相場の半額くらいの値段でしか売れないこともあります※。


※ 任意売却と比較した競売のデメリットについては、次の記事で詳しく解説していますので、そちらの内容をご参考にしてください。
競売のデメリット・メリット【任意売却とどちらが良いの?】


ですので、住宅ローン返済中の自宅を売るのであれば、間違いなく任意売却を選択するべきです。ただし、任意売却をするにあたり、必ず守って頂きたいことがあります。それはとにかく迅速に行動を起こすことです。

任意売却をするには債権者の承認が必要

承認
ローン返済中の自宅は、たとえあなたが住んでいても債権者に抵当権をつけられています。ですから、勝手に売買をすることはできません。


任意売却を実行するためには、債権者全員があなたの自宅に付けている抵当権を解除する必要があります。なお、債権者が抵当権の解除に応じない場合には、競売の手続きが進められ、あなたの自宅は競売で売られることになります。


しかも、抵当権を解除してもらうのが遅くなればなるほど、任意売却できる期間が短くなるんですね。もちろん、期間が短くなればなるほど、自宅が売却ができなくなる可能性も高くなります。


また、債権者側も抵当権を解除するためには、社内で稟議を通す必要もあります。つまり、ギリギリのタイミングで任意売却をしたいと言っても、稟議を通す時間がないために、却下される可能性もあるわけです。


それらのことを考えると、少しでも早く行動を起こして、債権者側にあなたが任意売却をする意思があることを伝えなくてはいけません。

相談
では、具体的にどのような行動を起こしたら良いのかについてですが、次の記事で紹介したように、とにかくすぐに専門家に相談するようにしてください。
任意売却で失敗しないための4つの大切なポイント


任意売却は不動産に加えて、金融・法律の知識も必要になってきますので、それらに詳しい不動産業者に相談すれば良いです。


なお、そのような業者に心当たりが無い方は、『お任せ任売ナビ』のような住宅ローン滞納・延滞の相談窓口で一度相談してみてはいかがでしょう?


そちらであれば、無料で相談ができますし、あなたが希望すれば、状況にマッチした不動産業者や不動産コンサルタントを紹介してもらうことができますよ。
お任せ任売ナビの特徴【住宅ローン延滞の無料相談】

本記事のまとめ

任意売却をするためには、債権者が自宅に付けている抵当権を解除してもらう必要があります。抵当権を解除するためには、債権者側の社内で稟議を通さなくてはいけませんので、できるだけ早く行動を起こすようにしましょう。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.