1. ホーム
  2. 任意売却
  3. 任売する前に
  4. ≫任意売却後の債務を減らすにはサービサーとの交渉が大切

任意売却後の債務を減らすにはサービサーとの交渉が大切

サービサーとの交渉
住宅ローンが支払えなくなり、持ち家を任意売却をしたとします。ここで売却代金が残債を上回るなら、借金を完全に返済できるため問題は無いのですが、そのようなケースになるのは極めてまれです。


ほとんど場合、売却代金を全て返済にあてても、残債は残ってしまいます。そのため、任意売却後があらたな返済生活のスタートとも言えます。


ただし、残った借金について、あなたは何も担保を取られている訳ではありません。ですので、債権者である保証会社に対しては、今の収入・支出・貯蓄などの状況を説明した上で、毎月の返済額について相談すれば良いでしょう。


なお、ここで重要なのは返済する意思があり、自分のできる範囲で今後も返済を続けていくことを伝えることです。

借金の返済
債権者側も感情のある人間ですから、理由もなく「任意売却したんだから、もう借金は払いません!」と言われれば、問題はこじれる可能性が高まります。しかし、こちらが誠意を示せば、そのようなイザコザを避けられるケースもあります。


ただし、何も普段の生活を極限まで切り詰めたり、消費者金融から借金をしてまで返済をする必要はありません。また、返済を続けるのが苦しいのであれば、自己破産をすることもできます。


それから保証会社もあなたから残債を取り立てることが難しいと判断すれば、その債権をサービサーに売却するケースが多いです※。


※ サービサーとは次の記事で紹介したように、債権の回収を専門に行う会社になります。
サービサーとは【住宅ローンの滞納で悩んだらチェック!】

サービサーが債権を購入する相場は額面の1~10%

債権の10%
ちなみにサービサーが債権を購入する相場、額面の1~10%と言われています。そのため、あなたの残債が500万円で、その債権をサービサーが5~50万円で買い取っていと想定できます。


それだけ安い金額で債権を買い取っているわけですから、サービサーからすれば回収見込みの薄い債権と言えるんですね。


そのためサービサーとの交渉次第では、全額返済をせずとも債権を買い取ることも考えられます。ただし、あちらも取立てのプロのため、素人が交渉をしても太刀打ちできない場合がほとんどです。


ですので、もしサービサーから債権の買取りたい方や、今後の返済条件をゆるやかにしたいという方は、借金問題に強い弁護士に相談しみることをおすすめします。


不動産業者は借金減額の交渉をあなたに変わって行うことはできませんが、弁護士であればあなたの代理として交渉を行うことが可能ですからね。


なお、借金問題に詳しくて、無料相談が可能な弁護士は次のページで紹介していますので、よろしければそちらをご参考にしてください。
【最新版】借金問題に強い法律事務所・弁護士事務所
※ こちら(↑)で紹介している事務所なら、借金問題の相談を無料で可能です。

本記事のまとめ

サービサーや保証会社の取り立てに対しては、自分の状況を説明した上で、返済できる範囲で債務を返していけばOKです。また、残債を減らす交渉をしたいという方は、一度弁護士に相談をしてみれば良いでしょう。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.