1. ホーム
  2. 任意売却
  3. 任売する前に
  4. ≫任意売却をするためには債権者の同意を得ることが必要

任意売却をするためには債権者の同意を得ることが必要

任意売却中の家
仕事や健康の都合で、どうしても住宅ローンが払えなくなったときの、自宅の売却方法として任意売却という手段があることを、当サイトでもお伝えしてきました※。

※ 任意売却のメリット・デメリットについては、次の記事で詳しく解説中です。
任意売却のメリットとデメリット【競売との比較】


上述した記事でも紹介したように、売却価格も退去時の条件も、任意売却の方が競売と比べて、明らかにメリットがあることが分かります。そのため、最近では自宅を処分する際に、率先して任意売却を選ばれる方が増えているんですね。


ただし、任意売却で自宅を処分をする際には、乗り越えなければいけない大きな壁があります。それは「ローンの貸主である債権者に、任意売却の同意を得ること」です。


ローン返済中の自宅は、たしかにあなたの持ち家ではありますが、債権者からはきっちり抵当権が付けられています。つまり、その家自体が担保に取られているわけです。


当然のことながら、抵当権が付けられている家は、あなたの自宅であろうと勝手に売却することができません。ですので、任意売却の手続きを取るためには、債権者を説得して売却に同意させることが必要です。

素人が交渉しても相手は納得してくれない

価格交渉
債権者の同意を得ると言っても、「事情を説明してお願いすれば良いだけでしょ?それなら、別に私でもできるわ」と考える方がいるかもしれません。しかし、素人が頭を下げるだけでは、債権者側は納得してくれません。


任意売却の必要性、任意売却での売却価格の値付けの理由、各債権者への配分とその妥当性などを、全ての債権者が納得できるように説明することが必要です。


それら全て内容を不動産知識の無い素人が、債権者の金融機関相手に行い納得させることは現実的に考えて不可能です。


それに住宅の売買するためには、住宅関連の専門知識が必要となってきます。ですから、債権者との交渉から任意売却までの手続きまでを、まとめて専門業者に依頼する方が賢いです。

握手
なお、債権者との抵当権解除の交渉は、普通の不動産業者では難しいので、必ず任意売却を取り扱っている経験豊富な不業者に依頼するようにしましょう。下手な業者に頼んで交渉が失敗すると、競売を選ぶしか選択肢が無くなってしまいますからね。


実際、不動産業者が任意売却後の配分交渉を、債権者との間で上手くまとめることができずに、任意売却の話しが流れることはよくあります。そのため、業者選びはとてもに大切です。


また、任意売却に詳しい業者に知り合いがいないという方は、一度『お任せ任売ナビ』で相談されてみることをおすすめします。
お任せ任売ナビの評判


お任せ任売ナビであれば、任意売却に詳しい不動産業者とも提携しているため、親身になって相談にのってもらうことができます。それに、相談料も無料なので気軽に相談をすることができます。

本記事のまとめ

任意売却を成功させるためには、債権者を納得させて自宅の抵当権を解除してもらう必要があります。
そのため、債権者を納得させることが重要であり、交渉を成功させるためにも、任意売却を熟知している業者に依頼するようにしましょう。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.