1. ホーム
  2. 任意売却
  3. よくあるトラブル
  4. ≫任意売却のことを理解していない不動産業者は多い

任意売却のことを理解していない不動産業者は多い

不動産業者
住宅ローンの滞納・延滞問題を解決する手段の1つとして、任意売却があることを次の記事で紹介しました。
任意売却とはどんな制度?【競売を回避できる方法】


上述した記事での紹介したように、任意売却であれば債権者(ローンの貸主など)に納得してもらった上で、自宅を売却することができるため、ローンの残債を大幅に減らすことが可能です。


また、最悪の結末である競売を避けることもできるので、ローン返済中の自宅を売却をするなら、メリットが高い方法であると言えます。


では、任意売却をするためには、誰に相談・依頼をすれば良いかについてですが、家の売買に関することのため、多くの方が不動産業者に相談すれば良いだろうと考えるはずです。


しかし、その考えは正しいとは言えません。というのは、不動産業者の中には任意売却を取り扱ったことがない業者や、そもそもそんな言葉すら知らないという業者が少なくないからです。

任意売却では債権者との交渉能力が求められる

交渉
一般的な街の不動産業者が普段行っている業務は、家を買いたい人と売りたい人の橋渡しをする仲介業です。ほとんどの業者は、その仲介手数料から収入を得ています。


ですが、任意売却ではそれに加えて債権者である銀行、保証会社、サービサー、役所(税金を滞納している場合)などとの交渉が必要になってくるんですね。


そして、その交渉が成功するかどうかで、自宅の抵当権の設定を解除できるかどうかが決まるので、交渉や調整能力が非常に重要になってきます。


ちなみに交渉の際には、売却価格をいくらにするのか?、各債権者への配分はどうなるのか?などを厳しく債権者側から詰められます。それに対して、相手を納得させる回答を出すことができなければ、任意売却は失敗に終わります。


つまり、単純に不動産を売っておしまいというような簡単な仕事ではないんですね。そのため、依頼をする場合には任意売却の経験・ノウハウが豊富な業者にお願いをするようにしましょう。


また、大手不動産業者ならその辺りのノウハウを持っていると考える方もいるかもしれませんが、業者の規模の大きさは全く関係ありません。任意売却はこれまでの経験がものを言いますので、業者の規模の大きさではなく、経験・ノウハウが豊富がどうかを依頼する際の判断基準にするようしてくさい。


それから、担当者のレベルによって成功の可否は大きく変わってきますので、相談した担当者が頼りないと感じたり、こちらの質問に納得いく回答ができない場合には、別の業者に依頼されることをおすすめします。

バツ
担当者との間に信頼関係を築くことができなければ、安心して自宅の売却を任せることなんてできませんからね。


なお、任意売却に詳しい業者に心当たりの無い方は、お任せ任売ナビで相談されてみてはどうでしょう?


そちらであれば任意売却を含め、住宅ローンの滞納・延滞に関する悩みの相談に無料で乗ってくれます。また、必要であれば、状況にマッチした不動産業者も紹介していくれます。
お任せ任売ナビの評判
※ 今なら住宅ローン返済の悩みを無料で相談可能です

本記事のまとめ

普通の不動産業者の中には、任意売却という不動産売買の手段を知らない業者も多いです。
また、任意売却を成功させるためには、債権者との交渉と調整がとても大切であり、それらは経験が無いと難しいことになります。そのため、依頼するなら任意売却の経験が豊富な業者に相談しなくてはいけません。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.