1. ホーム
  2. 借金体験談
  3. クレジットカード
  4. ≫クレジットカード会社への借金総額が50万円に!返済のために日雇いのバイトを始める

クレジットカード会社への借金総額が50万円に!返済のために日雇いのバイトを始める

クレジットカード
25歳の頃に、クレジットカードの使いすぎと転職失敗で借金を滞納した過去があります。


当時は会社員をしていましたが、独身ということもあって、それまで勤めていた会社を辞め、人生初めての転職をしました。転職後は手取りで27万円程度の収入があり、不自由のない生活です。


しかし、26歳になるまでの1年間で借金はオリコカードで30万円、イオンカードで20万円、合計で50万円くらいになりました。

借金の原因はクレジットカードを使いすぎたこと

では、なぜそうなったかというと、簡単にいえば「カードの使い過ぎ」と「転職失敗」が原因です。当時の私は同世代よりも給与が少し多ったため、何も気にせずにお会計のほとんどをクレジットカードで支払をしていました。


転職後は、仕事を順調に覚えていき、収入も前職と変わらない状態でした。しかし、数か月後、仕事がうまくいかなくなり体調を壊して会社を休むようになりました。


恥ずかしい話でもありますが、プライベートでもゴタゴタが続き、メンタル的に弱かった時期でもあったので、徐々に欠勤する日数が増えていったのです。そのような状況が2ヶ月ほど続き、当然会社も黙っていられない状況になり、会社を辞めました。


しかし、仕事を休んでいるときも退職後も、生活費にはクレジットカードを使用していました。


もちろん、欠勤の影響で収入は減り、家賃もクレジットカードで支払う契約になっていたこともあり、収支が逆転するようになったのです。クレジットカードの支払いが支出の多くを占めるようになり、手持ちの現金が減ってきました。


そして、生活すること自体が苦しくなってきて、次第にそれぞれのカード会社への支払いが滞るようになったのです。

カード会社へ返済するために朝・夜は日雇いの仕事で働き始める

滞納中は、カード会社から頻繁に連絡が入り、返済期限を設定されていました。また、返済しなければ個人情報の取扱会社を変えてブラックリストに載せると言われました。


何回かは数分前の返済でギリギリセーフという状況だったので、常に不安しかありませんでした。その状況を打開するために日雇いのバイトを始め、夜も働き始めました。


特に昼の仕事は順調で、その職場の日雇いから孫請け会社の正社員、子会社移籍などを繰り返し、最終的(4年後)には元請け会社に雇ってもらえるようになったのです。そのお陰で給与も上がっていったので、何とか数年かけて借金の支払いを終えることができました。


また、どうしても自分の力で返済が難しい場合には、弁護士や司法書士の力を頼って、債務整理をするのも1つの選択肢です。

【参考記事】債務整理は弁護士と司法書士のどちらに依頼すれば良いの?

借金をすると人生が遠回りになる

借金をして感じたことは、ただ単に「人生が遠回りになる」ということだけです。返済には時間がかかりますが、自分が借金を背負ってしまった以上は、その人生を受け入れて猪突猛進で仕事をするしかありません。


私の場合は、自分のためにお金を使ったことが原因で「借金」をつくりました。借金返済をするために必要なのは「人のために何かをする」ということを徹底することだと思います。


借金を返済しなければいけない状況では、それまで以上に自分のことしか考えなくなってしまうときがありますので、その時は「自分がしていることで人の役に立っているか?」ということを深く考えてみると良いでしょう。


私は今まで、食事をご馳走することを「人のためにお金を使う」と思っていたのですが、今ではそれが単なる『見栄』に過ぎないと反省しています。私自身も借金していた過去があるので、これからも「人の役に立っているか」という判断基準で人生を良い方向に変えていきたいです。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.