1. ホーム
  2. その他
  3. コラム
  4. ≫借金の中には返さなく良い債務もある@過払い金に注意!

借金の中には返さなく良い債務もある@過払い金に注意!

過払い金返済
現在借金をしている人の中には、毎月やってくる返済日を憂鬱に感じる人は少なくありません。借りるときには、毎月数千円の返済だったら、余裕だろうと思っていても、それが毎月積み重なってくるとかなりの負担になってきますからね。


ですが、借金の中には実は返済をする必要のないものがあります。それは、利息制限法を上回る利率での借金です。


借金の利息として、利息制限法で認められている金額はそれぞれ以下となります。

10万円未満の借金…年利20%まで
10万円以上100万円未満の借金…年利18%まで
100万円以上の借金…年利15%まで

引用:過払い金が発生する理由【グレーゾーン金利の借金は違法!】


しかし、2010年の6月に貸金業法が改正されるまでは、それをはるかに上回る29.2%の金利で貸し付けていた業者もいたんですね。この金利は出資法に基づく利息であり、グレーゾーン金利と呼ばれるものになります。


もちろん、グレーゾーンと言っているくらいですから、法律的には認められるものではありません。そのため、出資法を上回る金利で返済をした分は、過払い金=本来は返す必要のないお金なわけです。

札束
そして、この過払い金は貸金業者に対して返還請求をすれば、戻ってきます。特に消費者金融はグレーゾーン金利での貸し出しを頻繁に行っていたので、2010年以前に借金をしていた方は過払い金が発生している可能性が高いです。


ですので、少しでも心当たりがある方は、弁護士もしくは司法書士に依頼して、過払い金を取り戻すようにしましょう。すでに完済している借入れについても、最終取引日から10年以内であれば過払い金の返還請求は可能ですからね。


なお、次のページで解説したように過払い金請求をしても、原則としてブラックリストには登録されませんのでご安心ください。登録される場合の例外についても、以下の記事で紹介しています。
過払い金の返還請求をするとブラックリストに登録される?

銀行系カードローンの借金は過払い金が発生してない可能性が高い

カードローン
ただし、あなたの借金が銀行系のカードローンだった場合には、利息制限法に基づき融資が行われている可能性が高いです。そのため、そのケースでは過払い金の返還請求をすることは難しいと言えます。


ですが、そのような場合にも借金整理の対策が無い訳ではありません。例えば、任意整理を弁護士や司法書士に依頼すれば、今後支払う将来利息を0円にして、返済計画を建てることが可能です。


そのため、たとえ過払い金が無いにしても借金のこと悩みがあるのでしたら、弁護士もしくは司法書士に相談されてみてはいかがでしょうか?


任意整理を依頼する際に、弁護士か司法書士のどちらに依頼するべきかという目安は、次のページで解説していますので、そちらの内容もご参考にしてみてください。
債務整理は弁護士と司法書士のどちらに依頼すれば良いの?


なお、弁護士に支払う報酬が高いと考えている人もいるかもしれませんが、これから払い続ける利息の方がはるかに高いケースの方がほとんどですよ。そのため、合理的な判断をすれば、利息で苦しむよりも弁護士に報酬を支払って、任意整理に取り組む方が良いでしょう。

本記事のまとめ

利息制限法を上回る利息は、本来は返済する必要のないお金です。心あたりのある方は、時効が来る前に過払い金の返還請求を行いましょう。
特に消費者金融に借金をしている方は過払い金が発生している可能性が高いです。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.