1. ホーム
  2. 債務整理の体験談
  3. ≫自己破産とは【借金整理のメリットとデメリット】

自己破産とは【借金整理のメリットとデメリット】

自己破産のメリット
自己破産とは、裁判所から免責(借金返済の免除)を受けることで、これまでに借金をゼロにする制度のことです。


他の債務整理の方法である任意整理・個人再生・特定調停などは、いずれも額の大小はあれ借金を返済することが前提になります。


しかし、自己破産は先ほどもお伝えしたように免責が認められれば、消費者金融やクレジット会社へ借金を返さなくても良い方法です。


そのため「利息が減ろうが、元金が減ろうが、どう考えても返済なんてできない!」という方にとっては、メリットの大きい債務整理と言えます。

自己破産とは、裁判所に免責を認めらうことで借金をチャラ(棒引き)にする制度のこと


もちろん、自己破産にも良い面もあれば、悪い面もあります。そこで、続いてはそのメリット・デメリットを詳しく解説します。

メリット

1.免責が認められれば、借金がゼロになる

ゼロ
冒頭でもお伝えしましたが、最大のメリットと言えるのが、借金を支払わずに人生の再出発ができる点です。


借金が完全に免責になるのは自己破産だけですので、任意整理や個人再生で減額した程度では再生計画を建てることができない方にとって、強い味方となってくれる制度になります。

2.借金の額に制限が無い

借金
個人再生では借金額が5000万円以下でなくてはいけないという、額面での制限があります。一方、自己破産では額面の制限はありません。たとえ借金が1億円あったとしても、利用ができる制度です。


そのため、借金の総額がネックとなって個人再生が利用できない場合でも、適用することができます。

3.免責が認められるまでの期間が短い

カレンダー
自己破産を申立てしてから、免責決定がでるまでの手続きの期間は比較的に短く、処分して債権者に配当できる資産が無い場合(同時廃止事件)、2~3ヶ月程度くらいで認可されます。


免責までの期間が短いということは、借金問題で悩む時間も短くなります。お金の問題から少しでも早く解放されたいと考えている方がほとんどでしょうから、手続きが早く完了するというのは大きなメリットです。

デメリット

1.免責が得られるまでの期間は職業が制限される

弁護士
自己破産を申立てて、『破産手続きの開始決定』を受けると以下で紹介するような一部の職業には就くことができません。

弁護士、司法書士、税理士、公認会計士、行政書士、生命保険外交員、宅地建物取引主任者、警備員など


そのため、上記の職業に就いている方の場合、仕事をしながら自己破産することは難しいです。


なお、職業制限を受けるのは『破産手続き開始決定』から『免責』を受けるまでの期間であり、それ以降は職業の制限を受けることはありません。

2.資産は処分しなくてはいけない

家
個人再生ではローン支払い中の自宅を守りながら、借金整理をすることが認められていますが、自己破産ではそれが認められていません。


持ち家や車などの資産があった場合、それが一定以上の価値があるなら、処分をされて債権者に配当されます。そのため、資産を手放さずに自己破産をすることはできません。

3.ブラックリストに登録される

ブラックリスト
自己破産をすると、以下に示すような信用情報機関にブラックリスト(事故情報)に登録されます。

■ブラックリスト登録される信用情報機関
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国信用情報センター連合会(FCBJ)
  • 全国銀行個人信用情報センター(JBA)
  • 株式会社シーシービー(CCB)

ブラックリストとして掲載されるのは5~7年と言われており、その期間はクレジットカードを作れないし、消費者金融からお金を借りことができないデメリットがあります。


ただし、借金をできないということは考え方によってはメリットとも考えられます。借金ができなければ、余計な負債をつくることはありませんからね。


なお、ブラックリスト情報をチェックできるのは、信用情報機関に登録している金融機関・貸金業者・本人だけですので、不特定多数に公開がされているわけではないです。


以上が自己破産のメリット・デメリットになります。


それから、自己破産や破産者という言葉を聞くと悪いイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?中には、破産という言葉のイメージが悪いというだけで、明確な根拠も無しに自己破産を嫌がる人もいます。


しかし、返済目処が立たない借金を整理する方法としては、自己破産は最も有効な方法です。それに、自己破産は経済的にやり直すために国から認められている制度です。


ですから、破産者という言葉の響きだけで、自己破産をしたくないとは決めつけずに、必要であれば自己破産も視野に入れて借金整理に取り組むようにしましょう。

前向き
なお、自己破産か個人再生かいずれの方法にするかを悩んでいる場合には、一度弁護士や司法書士に相談してみることをおすすめします。


次の記事でも無料相談が可能な弁護士事務所、司法書士事務所を紹介していますので、そちらもチェックしてみてください。紹介している事務所は、全て相談料無料です。
債務整理に強いおすすめの弁護士事務所はこちら

借金整理におすすめの司法書士事務所はこちら

本記事のまとめ

自己破産は借金が棒引き(免責)となる債務整理の方法です。
借金からの脱出を考えると、最も有効な手段と言えるため、経済的にイチからやり直しを考えている方にとってはメリットの大きな制度です。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.