1. ホーム
  2. 債務整理の体験談
  3. 時効
  4. ≫消費者金融から督促された350万円の借金が時効でチャラになった

消費者金融から督促された350万円の借金が時効でチャラになった

バンザイ
40代男性で、大手の電機メーカーで技術職をしています。債務整理をしたときの借金の総額は約350万円。借金は消費者金融2社、銀行1社から借りましたが、実際に借りた金額は60万円程度です。


私の責任なのですが、長年返済をおこなっていなかったので、利息で莫大な借金にふくれあがりました。


借金をした理由は、ちょっとした気晴らし程度の軽い気持ちで競馬に行き、それにのめり込んでしまったためです。

借金に関する訴状が突然自宅に届いた

そして、引越しをしたときに、住民票を移していなかったため、借りた会社からの督促は無くなり、すっかり忘れており、長年返済をしていませんでした。


ところが、40代になって結婚し、婿養子に入り数年が経った頃、ある日突然、自宅に東京地方裁判所から「訴状」が届いたのです。


私自身、借金のことを忘れていましたので、妻や妻の両親には話しておらず、大騒ぎになりました。親戚中が集まり家族会議が開かれ、「この家系を潰す気か!」などと叱咤、罵声を浴び、とても辛く、肩身の狭い思いをしました。


このままでは、離婚になってしまうと困り果て、まずは弁護士さんに相談しようと思い立ったわけです。


弁護士には縁の無い人生を送ってきましたので、知り合いなどいるはずもありません。インターネットで調べてみると、借金の相談にのってくれるところをいくつか見つけました。

【参考】借金相談が無料の弁護士事務所まとめ


しかし、私の不安はつきません。もし、相談に行って「自業自得だ」とか「どうにもならない」と怒られたらどうしよう…。と気が気ではありませんでした。


幸い共働きの妻が協力的で、一緒に返済しよう。といってくれまたので、やっとのことで相談に行く勇気が湧きました。

弁護士に相談したらすでに借金は時効だった

そして、弁護士に相談してみると、はじめて「債務整理」と言うものがあることを知ったのです。私の場合は、「任意整理が良いですよ」、とアドバイスされました。


というのも、自宅に届いた「訴状」や昔の督促状を持って行くと、これらの資料をチェックした弁護士は「借金は時効なので、払う必要はない」というものだったからです。


その日のうちに、契約を行い、あとは弁護士さんにお任せしました。ですので、私自身が債務整理中に特に苦労したことはありません。


ただ借金がなくなるなんて、そんな夢のようなことが本当にあるのだろうかと、不安で仕方がありませんでした。


それから約3ヶ月ほど経ったころ、弁護士さんから連絡があり、「全て終了しました。借金はもうありませんよ。」と言われたのです。


弁護士さんの費用として約30万円必要でしたが、それも毎月5万円ずつで良いとのことだったので、ほんとうに驚きでした。


なにせ、借金がなくなり、親戚から罵倒される原因もなくなったわけですから。今借金で悩まれている方も、恐れずに一度相談してみてはどうでしょうか。にわかには信じられないような、解決方法があるかもしれないですよ。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.