1. ホーム
  2. 債務整理の体験談
  3. 時効
  4. ≫消費者金融2社からの借金を長期滞納したら時効が成立していた

消費者金融2社からの借金を長期滞納したら時効が成立していた

カレンダー
過去に一度だけ借金をしてしまい、それを長く滞納してしまったことがあります。


当時20才でひとり暮らしをし始めたばかり、フリーターだったので収入が不安定で、多い月だと販売業、イベント業、キャバクラなどの夜の仕事にフルに入っても収入は約30万円。さぼりぐせがでたり、体調を崩すと夜の仕事ができず少ない月だと15、6万円でした。


収入が多い月はつい出費が多くなり、少ない月は家賃と携帯代を払ったら手元に残らず…という状態で、月末にはお財布にも銀行口座もからっぽということがしょっちゅうです。


都会でひとり暮らしでありながら、住民票を実家に置いたままだったので、それを利用して消費者金融で借金をしました。

借金の総額は2社から合計で32万円

その当時は無人契約機で簡単な書類に記入するだけで、すぐに25万円借りられたのにはびっくりしましたが、本当に金欠だったので助かったのは事実です。


いまはもうありませんが武富士で25万円、さらにアイフルで8万円を借りました。毎月コツコツ返していくつもりでしたが、借りたお金はすぐに使ってしまい、また収入が不安定な日々が続いたので、返済もままならなくなったのです。


そして、翌月に2万円ずつをそれぞれの消費者金融に返済したきり、そのまま放置してしまいました。


武富士に23万円、アイフルに6万円借金をしたまま滞納し続けましたが、住民票を実家に置いているので(フリーターのわたしが借りられたのは実家が持ち家で自営業、資産価値や父の収入が当時はそれなりにあったからだと思います)、私の今の住まいに取り立てにこらえる心配もなかったです。


返済する気持ちはあっても、1万円どころか5,000円も厳しいという状態です。延滞していることは心苦しかったですが、たとえ実家には電話や督促状が来ていたとしても、両親とも疎遠にしていたので、だんだんどうでも良くなっていきました。


その後、実家からまとめて送られた督促状の束を見て驚きました。借りたお金に利子がどんどんついて、最終的には両社あわせて80万円強になっていたのです。

督促状の内容はどんどんきつくなっていく

文面も「返済についてご相談ください」というていねいな内容から、「裁判の手続きに入るので至急連絡ください」というおどろおどろしいものになり、ドキッとしました。


両親はしつこい電話に苦労したようですが、自営業がうまくいかなくなって実家が競売にかかるほど生活が傾いていたので、肩代わりできない状態です。消費者金融の相手をしているどころではありませんので、督促電話は父が怒鳴り返して電話を片っぱしから切っていたそうです。


それから10年、いちども払わないまま延滞を続けました。なんと借金をしていたことすら忘れ結婚し、入籍したとたんに新居に督促状がきたのには驚きました。


主人に正直に見せ相談したところ、仕事柄金融や法律に詳しい主人が細かく質問してきて、「最後に返済したのが20才の5月なら、28才の今はとっくに借金が時効になっている。しかるべき手続きを踏めば時効が成立して返済義務がなくなる」と教えてくれたので、主人の知り合いの司法書士に依頼し書面を作成して内容証明郵便で送ったら自動的に成立し、督促状も来なくなりました。

【参考】債務整理におすすめの司法書士事務所まとめ


滞納の末、帳消しにしてしまったことは後ろめたいですが、借金の怖さを思い知り、何があっても微額でも借金だけはしないと思うようになったのでいい勉強になりました。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.