1. ホーム
  2. 支払・取立て
  3. 返済
  4. ≫借金にも時効があるって本当?【債務別の時効期間まとめ】

借金にも時効があるって本当?【債務別の時効期間まとめ】

借金時効
複数の業者から借金をしている多重債務者の中には、借金の返済を放置したままで何年も経過してしまっている方もいらっしゃるかと思います。


そして、そのようなケースの中には、実は借金を返済しなくても済む場合があります。そのケースというのが、消滅時効を適用できる場合です。


時効というのは、犯罪だけにしか存在していないと考えている方が多いようですが、実は借金・債務にも事項が存在します。借金の種類によって、設定されている期間はバラバラなのですが、それぞれ以下のような長さとなっています。


■借金別の時効期間

  • 個人(友人や知人)からの借金…10年
  • 消費者金融・銀行からの借金…5年
  • クレジットカードの分割払い…2年
  • 宿泊料金・飲食代金…1年

上記の内容をご覧になって分かるように、友人からの借金については、時効期限が10年と長めにですが、消費者金融からの借金であれば5年、さらにクレジットカードで買い物の分割払いなら2年と短い期間に設定されています。


そのため、借金の最終返済日より、上記の期間が過ぎているのであれば、業者に対して消滅時効を主張することが可能です。

消滅時効を主張しないと債務は免除されません!

ダメのサイン
借金の種類別に時効期間を紹介しましたが、その期間が過ぎただけでは返済の義務は免除されません。


「時効の期間が過ぎたので、その利益を受けたい」と相手に主張して、初めて効果を発揮するんですね。このことを消滅時効の援用と呼びます。


なお、時効を相手に主張する方法としては、内容証明郵便を送るのが一般的です。内容証明であれば、相手に時効援用を主張する郵便を送ったという証拠が残りますので、先方がシラを切ることができなくなりますからね。


内容証明郵便に関しては、送り方や書式が決まりがありますので、書き方が分からない場合には司法書士に相談すれば良いでしょう。
無料で借金返済の相談ができる司法書士事務所まとめ

実際のところ借金が時効になるのは珍しいケース

弁護士
とは言え、借金が時効になるまで放置している業者はマレです。ほとんどの業者は、支払いが遅れた時点で裁判所に対して、支払督促を申し立てて法的手続きを行い、なんとしてでも返済をしてもらおうと動きますので。


ちなみに、もうすでに裁判所から支払督促が届いてしまった場合、放置をすると強制執行をされてしまいます。督促状をそのまま無視しても、時効が来る前に強制執行がされるので要注意です。


ただし、裁判所からの支払督促に対しては異議を申立てることができますので、もしすでに督促が届いている場合には、すぐに弁護士に相談するようにしましょう。


強制執行がされてからでは、どうしようもありませんので、まずは弁護士に相談することが大切です。

支払督促への対応方法については、以下のページで詳しく解説していますので、もう督促状が届いてしまったという方は、そちらの内容を参考にしてください。
支払督促には異議を申立てることができる!【慌てずに対応を】

※ こちら(↑)で紹介しているのは、全て相談料が無料な弁護士事務所になります。

本記事のまとめ

借金には時効があり、消費者金融からは5年、クレジットカードの分割払いは2年が過ぎれば、その借金は時効となります。ただし、時効の利益を受けるためには、消滅時効を主張する必要があります。そのため、時効を主張したいのであれば、相手に対しては内容証明郵便を送るようにしましょう。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.