1. ホーム
  2. その他
  3. 用語解説
  4. ≫借金の総量規制とは?【借入総額が決められる仕組み】

借金の総量規制とは?【借入総額が決められる仕組み】

総量規制
2010年の6月の改正貸金業法の完全施行以降、債務者に総量規制が適用されることになりました。


この総量規制とはどんな内容なのかについてですが、貸金業者が個人に対して年収の3分の1までしか融資できないというものです。例えば、年収が360万円の人の場合は、その3分の1である120万円までしか借金をすることができません。


なお、この3分の1と言う金額は、すでの貸金業者を合計した金額となります。つまり、あなたがA社から80万円の借入れがある場合には、別のB社からは40万円までしか借金ができません。


「でも、債務者の年収なんてどうやってわかるの?それに、A社から借金していることなんて、B社にはそもそもばれないんじゃないの?」


まず、債務者の年収についてですが、これに関してはほとんどの貸金業者では、最初に融資を依頼するに年収証明書類を提出しなくてはいけません。

給料
業者側も総量規制に違反すると、罰則の対象であることは把握していますので、年収が分からない限り融資を受けることはできないです。


続いて、他社からの借金を把握する方法についてですが、それは信用情報機関に問い合わせをすればすぐに分かります。あなたがA社に借金をした時点で、その情報は貸金業者を通じて、信用情報機関に登録がされますからね。


そのため、あなたの借金の情報は貸金業者は把握されており、まともな金融業者からは年収の3分の1以上は借金をできないと考えておきましょう。


そもそも、年収の3分の1の借金というのは、返済できるかどうかのギリギリのラインです。それ以上の借り入れを積み重ねても、返済をするのは困難になるので、多重債務で苦しむを減らすという意味では理にかなっています。

闇金からの融資は絶対に受けてはいけない

闇金業者
先ほどお伝えしたように、まともな金融機関では総量規制を超える金額は融資してくれません。そのように融資を受けられない状態の人が、どうしてもお金が欲しいと考え行きつくのが闇金です。


しかし、闇金から絶対に融資を受けていけません。彼らは法律なんて無視した取立てを平気で行っていきます。


そして、その対象はあなただけでなく、あなたの家族や恋人・友人におよぶ可能性だってあります。ですので、大切な家族を傷つけないためにも、彼らからお金を借りることは絶対にさけるようにしましょう。


また、すでに闇金から融資を受けてしまったという方は、すぐに弁護士・司法書士に相談するようにしてください。闇金からの借金問題は放置すればするほど、泥沼にはまる傾向が強くなるので、とにかくすぐに行動を起こすことが大切ですよ。
【相談無料】闇金に強い!おすすめの弁護士・司法書士事務所

本記事のまとめ

総量規制とは年収の3分の1までしか借金ができない決まりのこと。まともな金融業者はこの規則を守っているため、それ以上に融資を受けることはできません。

【人気】解決実績15,000件!借金返済の無料診断ツール

  • 返済シミュレーター
    3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額はいくらになるかを診断できます。こちら(↑)からなら利用料は無料!匿名診断も可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

【最新版】債務整理におすすめの法律事務所ランキング!

債務整理おすすめ
債務整理を依頼する弁護士事務所の選び方のポイントと、おすすめできる法律事務所をランキング形式で紹介中。借金整理の相談をする事務所をお探しならご覧ください。
【2015年・最新版】債務整理におすすめの法律事務所はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.